かかりつけ医について

かかりつけ医とは

かかりつけ医とは「かかりつけ医」は、病気になった時にすぐ相談できるお医者さんです。身近な地域のクリニック、診療所、病院などの医師です。

厚生労働省では、「かかりつけ医」を「なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」としています。医療と介護の連携がしっかり取れる「かかりつけ医」は、高齢化社会にとっても不可欠な存在です。

最近は、持病がなく定期的な通院が必要ない方も、風邪などで急な不調があった際には決まった「かかりつけ医」を受診するというケースが増えてきています。「かかりつけ医」は病歴や生活習慣などを踏まえてより適切な診療ができますし、患者様にとってもちょっとした不調や健康に関して気になることを相談しやすいため、安心にもつながります。

かかりつけ医を持つメリット

受診するクリニック・診療所・病院は自由に選べますが、いきなり大病院に行くよりも「かかりつけ医」をまず受診することにはいくつものメリットがあります。

的確な治療やアドバイス

「かかりつけ医」は継続的な診療によって蓄積された情報をもとにして診療を行います。患者様の健康状態、体質、個性、ライフスタイルなどを理解しているので、スムーズに的確な治療やアドバイスを受けられます。

アクセスしやすい・余計な時間がかからない

すぐに受診できる「かかりつけ医」は、一般的にお住まいや職場の近くなどにありますので、楽にアクセスできます。クリニックや診療所を「かかりつけ医」にしていれば、大病院に比べて待ち時間が少なく余計な時間をかけずに診療を受けられます。

必要に応じて適切な医療機関を紹介

入院・手術、専門性の高い検査や治療が必要な場合には、「かかりつけ医」が適切な医療機関を紹介します。特定の診療分野や疾患に強いといったそれぞれの医療機関の特徴を踏まえて紹介し、患者様の体の状態をしっかり伝えるため、スムーズに適切な医療を受けられます。大学病院などでの治療が必要になった場合も、まず「かかりつけ医」を受診することが最適な治療への近道になります。

気軽に相談できる

患者様にとっても「かかりつけ医」は勝手を知っていて気安い相手です。「かかりつけ医」は専門分野以外にも幅広い医療知識を持っていますので、ちょっとした不調や健康に関する不安も気軽に相談できますし、健康や予防に役立つアドバイスも受けられます。

大学病院をはじめとする高度医療機関では専門性の高い検査や手術、特殊な機器を使用した治療を行うことが主な役割ですから、そうした医療を必要とする方が優先的に受診できることはとても重要です。まず「かかりつけ医」を受診することは、その意味でも役立ちます。

呼吸器内科をかかりつけ医にするメリット

呼吸器内科をかかりつけ医にするメリット当院では、一般内科以外に呼吸器内科の専門的な診療を行っています。呼吸器内科では、気管支炎、咳喘息、気管支喘息、肺気腫、慢性気管支炎など呼吸器疾患の治療、そして慢性呼吸不全の在宅酸素療法などを行っています。咳や痰、胸痛、嗄声といった呼吸器症状がある場合には、胸部X線検査、呼吸機能検査、アレルギー検査などから適切な検査を行って診断しています。
呼吸する・眠る・飲食する・排泄する・歩くなど、人間にはさまざまな機能がありますが、呼吸はトラブルを起こすと短時間で命に関わる可能性が高い機能です。こうしたことから、長引く咳や息苦しさ、呼吸しにくいといった呼吸のトラブルがあっても、気軽に相談できる呼吸器内科の「かかりつけ医」があれば安心できます。

些細なことでもお気軽にご相談ください

呼吸器のことはもちろんですが、健康や病気に関するお悩みや気になることがある場合には、いつでもご相談ください。また、将来の健康や病気予防のための食事や運動などに関しても、「かかりつけ医」であればお体の状態などを考慮して、ライフスタイルに合わせた無理のないアドバイスが可能です。どんなことでも遠慮なくいらしてください。

TOPへ